project 2014.4.1

「日本マーケティング学会 ユーザー・イノベーション研究会」

日本マーケティング学会のマーケティング・リサーチプロジェクトで、ユーザー・イノベーションに関する研究会を実施しています。

【研究目的】
 近年、ユーザーが製品やサービスなどを開発したり改良したりする、「ユーザー・イノベーション」の事例が多く見られる。こうしたイノベーションを企業が活用するために、リード・ユーザー法や、クラウドソーシング法などの消費者参加型製品開発の手法が実践されている。だが、こうした先駆的な取組みは多くみられ、研究も進展してきているものの、まだまだ定着しているとはいえない。
 そこで、本研究では、国内外の研究成果の知見はもちろん、ユーザー・イノベーションの多様な事例をとりあげ、市場成果をもたらすメカニズムを分析する。こうした活動を通して、研究の発展だけでなく、多くの企業による効果的な取組みを促進する。さらには、新しい仕組みの開発も挑戦したい。そのため、研究報告会には、共に取り組める実務家や研究者、大学院の参加を期待する。

【研究方法および研究計画】
 研究方法・計画としては、以下のことを実施する。

1 国内外の研究成果の共有

 ユーザー・イノベーションの提唱者であるMITのエリック・ファン・ヒッペル教授をはじめ、国内外の研究者の研究成果をとりあげ、その知見を研究グループで共有する。

2 ユーザー・イノベーションの事例の共有

 実際に実践する企業のゲストスピーカーを研究報告会に招いて、その取組みの内容や、市場成果などを報告いただく。その上で、参加者とともに成功要因や課題の整理を試みる。

3 体系化・類型化の実施

 国内外の研究成果と、事例の共有を行いつつ、ユーザー・イノベーションを活用するにあたっての成功要因を体系化し、類型化を行う。

4 研究成果の書籍化

 本研究プロジェクトの研究成果の書籍化を目指す。

【リーダー】

西川 英彦 法政大学経営学部教授

【企画運営メンバー】
水野  学 阪南大学経営情報学部教授
廣田 章光 近畿大学経営学部教授
清水 信年 流通科学大学商学部教授
堀口 悟史 堀口海運株式会社常務取締役、神戸大学大学院経営学研究科研究員
于  キン 立命館大学経営学部助教

>研究会案内・報告レポート

*研究会開催のお知らせは、学会員のメルマガ(ネットで簡単に入会可能)、あるいは、学会のfacebookを「いいね!」してください。

>日本マーケティング学会公式facebook